So-net無料ブログ作成

函館の夜と霧(その1) [観光地]

はやて.jpgこれまで何度も行き来した札幌―東京ではあるが、この夏休み帰省先から札幌に戻る際、東北新幹線が青森まで伸びたことだし、初めて鉄道で移動してみることにした。

新幹線が途中まであるとはいえ、やはり飛行機に比べればずっと時間はかかる。運賃だってそう大きくは変わらないのだが、やはり一度くらいは陸路を使ってみたかった。また、青函トンネルも体験したい気持ちもあった。便利だけど味気ない飛行機よりも旅の醍醐味は鉄道だと思える。

スーパー白鳥.jpgまた、もうひとつの目的は、今まで何度も仕事で訪れた函館だが、観光らしいことをしてこなかったので、一度も函館山からの夜景を見ていなかった。今回それを実現しようと1泊して観光することにした。着い当日は函館山の頂上からの夜景。翌日はあてもなく元町辺りをぶらぶらというのが大雑把な予定。

東京駅から新青森駅まで新幹線で約4時間。そこから特急で青函トンネルを潜って函館まで約2時間。青函トンネルを抜けて北海道に着いた途端に天候が悪くなり小雨模様。嫌な予感を漂わせながら17時過ぎに函館到着。函館山を見てみると、頂上はスッポリ雲に覆われていた。

車窓から函館山.jpg

かなり落胆しながら、取り敢えずホテルにチェックイン。小雨は止まず、頂上にかかる雲も退く様子がない。「これは無理だ」と思いながらも、ダメ元でロープウェイ乗り場まで行ってみた。閑散としている乗り場。諦めかけた時に大勢の団体客がやって来た。その熱気に煽られるように勢いでチケットを購入し、頂上を目指すことにした。果たして奇跡はおきるのか…

(つづく)


タグ:函館
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

北海道大好き人間

新青森から先の2時間は、短い様で長く感じませんでしたか?
海岸線を縫う様に列車が走るので、函館が向こうに見えても一向に近付かないのでイライラしたことと思います。

by 北海道大好き人間 (2011-09-14 13:16) 

丹下段平

仰る通り、北海道に上陸してから函館まで時間がかかるんですよね。到着時間が分かっていたのでイライラはしませんでしたが。
仕事で函館駅は何度か利用しましたが、その都度「白鳥」に乗ってみたいと思ったのですが、今回実現しました。

by 丹下段平 (2011-09-17 07:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。